ちゃそが記事執筆しているまんまる薬局オウンドメディア【まんまるの輪】はこちらから

【サプリメントアドバイザー】について薬剤師が徹底比較!

○この記事は14分11秒で読めます

みなさんどうもです!
ちゃそ(@yakuchaso66)です!
最近無事に
サプリメントアドバイザーを
取得しました!
\\\\\(^o^)/////

わたしのTwitterやInstagramを見てくれている方々はご存知の通り、サプリメントアドバイザーについて度々進展報告をしていました。

「どこのサプリメントアドバイザーですか?」

「どのくらい期間はかかりますか?」

等々質問を多く頂いていました😆

今回はそんなサプリメントアドバイザーについて、主催による違いや費用の比較、薬剤師としてどのようにサプリメントアドバイザーの資格を活かしていくかなどについて書いていこうと思います☺️

✅この記事を読んで分かること
  • サプリメントアドバイザーとはどんな資格なのか
  • サプリメントアドバイザーの比較
  • サプリメントアドバイザーとして勉強していく時の参考文献

それでは、、、

LET’S GO!!

サプリメントアドバイザーってどんな資格?

person taking pill
Photo by Polina Tankilevitch on Pexels.com

サプリメントアドバイザーはサプリメントや健康食品、ハーブなどの適切な知識を持ち、それを患者さんに伝えることを主な仕事としています。

サプリメント(Supplement)は、英語のダイエタリーサプリメント(Dietary Supplement)の略で、ダイエタリーは「食事」、サプリメントは「補う」「追加する」の意味を持っています。

サプリメントや健康食品は日本ではいわゆる「食品」に含まれるため、「医薬品」ではありません

サプリメントは食生活では十分に摂取できない栄養素を補うために用いられますが、医薬品は病気の治療や予防が目的です。

そこの認識を誤ってしまうと患者さんに適切な情報を伝えることが難しくなってしまいます。

「これを飲めば高血圧が治ります」「これを飲めば糖尿病が治ります」

なんて伝えてしまうのはご法度です。

サプリメントの立ち位置を適切に把握したうえで、人々にその必要性を伝えるのがサプリメントアドバイザーの役割とも言えますね!

サプリメントアドバイザーの資格の比較

サプリメントアドバイザーとひとまとめに言っても、実はいろいろあります。

主催している学会や協会、受講の仕方、試験の有無、更新の条件など様々です。

今回は、私が実際にサプリメントアドバイザーの資格をどこでとるか迷ったときに比較した3つについて紹介していきたいと思います。

①NRサプリメントアドバイザー(日本臨床栄養協会)

40単位の資格の取得で認定試験の受験ができます。(初回取得時はe-ラーニングでの40単位取得でもOK)

試験は択一式の学科試験が90題です。(受験会場は東京、大阪、福岡、新潟、徳島、名古屋、岡山会場があるそうです)

試験は年に一回で5年ごとに資格の更新が必要です。

更新の難易度が高く、5年で50単位の取得が条件です。

ただこの50単位、すべて初回取得の時のようにe-ラーニングでまかなえるならよかったのですが、20単位までしか更新時には認められないというのが地方住みの私には痛かった、、、

残りの30単位は日本臨床栄養協会学術大会への参加(10単位)、レベルアップセミナーへの参加(10単位)、NR・サプリメントアドバイザー交流研修会への参加(10単位)論文発表(5または10単位)、学会発表(5単位)等々で取得しなければなりません。なかなか資格の維持もハードですね、、、

詳しくはこちらにURLを貼り付けておきますので、ご覧ください。

https://www.jcna.jp/supple/info/

②サプリメントアドバイザー(日本ニュートリション協会)

これは私が実際に取得したものです。

私がここに決めた理由は、地方住みということもあり、更新のウエイトが重くないほうが良いと思ったからです。

先ほど紹介したNR・サプリメントアドバイザーのように更新のウエイトが重いと、少し予定が合わないだけで参加できず、単位取得を逃しそうなのでこちらに決めました。

私の中では資格の維持がしやすいことも大切な条件です。

さて、こちらのサプリメントアドバイザーは、完全通信教育制で、申し込み後に受講料を振り込むと、テキストが自宅に届きます。

実際に届いたテキストはこちら↓↓↓

1stステージが基礎編で①ビタミン・ミネラル編②サプリメント・ハーブ編になっています。

2ndステージが④法律編⑤実践編、+αで資料編があります。(なぜか③はなくなったみたい)

①②④の教材は添削問題があるのでそちらを解いていきます。⑤に関しては4000字以上の論文をテーマに沿って書いていきます。論文が少し大変だけど、まとめていけば意外とあっという間に4000字になっているのできっと書ききれる!はず!w

課題を協会に郵送して添削してもらい、合格基準に達していれば見事合格です。

試験がなく、更新に必要な単位も特にないので、医療従事者の資格をお持ちでない方でも気軽に挑戦できます

資格取得後のサポートや情報提供等が豊富なので、自分の勉強や頑張り次第でフルにこの資格を生かしていくことは可能かなと思います。

基礎からじっくり学びたい方にはおススメです。

こちらの協会のURLも下に貼り付けておきますので、興味のある方は下記リンクから見てみてください。

http://www.supplementadviser.com/adviser.html

③メディカルサプリメントアドバイザー(NHPインターナショナル認定機構)

こちらの受験資格は医師・歯科医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師・管理栄養士等の国家資格を有している方、または医学生・薬学生(ただし認定は国家資格取得後)に限るとの文言があります。

医療従事者限定ということで少しハードルが高いイメージですね。

残念ながら、このメディカルサプリメントアドバイザーをお持ちの方にはTwitterで出会えなかったので、詳細を聞くことはかなわず、、、

カリキュラムをのぞいてみると各疾患のテーマに沿って講義が進んでいくような感じでした。

こちらもURLを載せておきますので、気になった方は下記リンクからどうぞ。

https://www.e-msa.co.jp/index.html

三種類を比較してきましたが、表にまとめてみるとこんな感じ!!

NRサプリメントアドバイザーサプリメントアドバイザーメディカルサプリメントアドバイザー
主催日本臨床栄養協会日本ニュートリション協会NHPインターナショナル認定機構
難易度更新が難しい簡単受講基準が難しい
費用入会費+年会費+受講費:60000円受講費:89000円受講費:99360円
学習形態通信教育
学術大会の参加等
添削課題による通信教育完全ウェブでのeラーニング
試験あり(15300円)なしあり(16500円)
更新5年ごと
50単位の取得、レポート提出
1年ごと1年ごと
更新費用5年ごと:5500円年会費:3300円年会費:8800円
受講資格制限なし制限なし医療従事者限定

サプリメントアドバイザーになったら

サプリメントアドバイザーも資格をとった時点では、大した知識はありません

取得後の勉強がものをいうと思います。(何の資格でもそうですよね)

自分で本を買ったり専門機関のサイトを使って勉強してみる。

実際に働いている店舗にサプリメントを置いてもらって患者さんに説明したり実際に販売して経験値をつける。

やり方は様々!

おすすめ書籍紹介

サプリメントのおすすめ書籍を紹介します。

楽天のサイトに飛べるので、気になる方はリンク飛んで見てみて下さいな😆



ちなみに私自身は上のリンクの書籍を購入済みですw

その成分の有効性や安全性、医薬品やほかのサプリメントなどとの相互作用なども載っています。

この厚さ、ヤバいですwww

軽く鈍器ですwww

Twitterで聞いてみた

今回、サプリメントアドバイザーの記事を書く上で、Twitterでアンケートを取ってみました。

まずはサプリメントアドバイザーの資格を取得しているかどうか。

答えてくださった118人中約12人の方が取得されているそう。

この結果を見て取得している人が多いと思うか少ないと思うかは人それぞれかな?

取得されているのはNRサプリメントアドバイザーがやはり多いよう。

フォロワーさんの中には大学の授業の一環として取得できた方もいて良いな~と思いましたね。

この先取得したいかどうかの質問では、なんと65%以上の方が少し思う、とても思うと回答していて、前向きな意見をお持ちだとわかりました。

サプリメントアドバイザーの活動や資格の活かし方など、認知度が低い面もまだまだあると思うので、もっと知ってもらえたら変わるのかなと個人的には思いました。

資格を取得するうえで重視するものはという質問では「取りやすさ」が重視されているようです。

やはり資格取得までの難易度が高すぎても、なかなか仕事との両立の中では挑戦しづらいですよね、、、

そして費用

資格取得はなかなかにお金がかかります。

更新も兼ねると維持費もかかります。

自己研鑽も大事ですが、自分のお財布とも相談ですね(´;ω;`)

私は個人的に資格取得後の更新の容易さに重きを置いております。

地方住みということもあり、なかなか学会等に参加するにも気軽に行ける距離ではないことが多いです。あとは雇われ薬剤師のうちは、必ず狙った日に休みが取れるかもわからないので、できればネットや郵送で済ませられる課題やウェブ会議参加などのほうが助かりますね、、、

最後の質問の資格を活かせているか否か。

活かせていると感じている方もいれば全くそうでもないという方も。

生活や日常業務の中でどう活かすかは模索が必要のようです。

まとめ

今回はサプリメントアドバイザーの資格についてお話ししました。

この記事を読んで少しでもサプリメントアドバイザーに興味を持ってくださった方がいたらうれしいです。

私自身も日常業務のみならず、薬局の外やネット上でも、サプリメントアドバイザーの認知度を上げたり、サプリメントの正しい使い方や知識を広めていけたらなあと思います。

何か活動していきたいなあと現在模索中です(/・ω・)/(そんなお仕事や活動のお誘いもありましたら喜んでお受けします、、、)

ということで今回はこの辺で!

読んでくださった方、ありがとうございます!

気に入ったらシェアしてね❣️

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT US

ちゃそchaso
\私の勉強、誰かの学びに/|第105回薬剤師国家試験合格→東北の薬局薬剤師→フリーランス薬剤師|Twitter2600フォロワー・Instagram1800フォロワー突破|▶︎アロマテラピーアドバイザー|▶︎サプリメントアドバイザー|▶︎女性の健康アドバイザー|▶︎研修認定薬剤師|【好きな分野】予防医学&糖尿病&漢方薬・中医学→国際中医師の資格取得予定|薬局さんのHP運営・インスタ運営・書籍のコラム執筆等のお仕事もしています。詳しいプロフィールは地球儀マークを押してみてね↓