ちゃそが記事執筆しているまんまる薬局オウンドメディア【まんまるの輪】はこちらから

【お薬知識】覚えておこう、リスパダール内用液  なんでも混ぜて良いわけではない⁉︎

こんばんは。ちゃそ(@yakuchaso66)です。
今日は月に数回ほど処方がとんでくる「リスパダール内用液」について
学んだことをまとめていきます。

✅この記事を読んで分かること
  • リスパダール内用液とはなんたるや
  • リスパダール内用液と飲み物を混ぜた時の影響

リスパダール(一般名:リスペリドン)内用液とは

用法用量等は以下の通りです。

・規格:0.1%=1mg/ml (30ml瓶、0.5、1、2、3、ml包)

・適応:統合失調症、小児期の自閉スペクトラム症に伴う刺激性

・用法用量(統合失調症の場合):1回1mg 1日2回より始め、徐々に増量

維持量は1日2−6mg 原則分2(増減)

1日量は12mgを超えない

さて、この「リスペリドン内用液」、そのまま服用するのも良し、何かに混ぜるのも良しとなっています。

添付文書には以下の文言があります。

直接服用か、水・ジュース・汁物に混ぜ150ml程度に希釈して服用

「お、これは患者さんに飲んでもらいやすいな。量も少なめだし何かに混ぜれば味もごまかせそうだ」と思いました。ちゃそは。

私は大体初めて触った、又はお目にかかった薬は「添付文書」に目を通すようにしています。

この時も初めて触った頃に何の気なしに添付文書に目を通しました。

そしたらそこにはこんな記載が、、、

茶葉抽出飲料(紅茶、烏龍茶、日本茶等)及びコーラは含量低下あり回避

「なんだって〜⁉︎」ってなりましたね。

なんとなく先輩や上司に聞いてみましたが知らなかったとの反応。

この記載を見て思ったのが

「含量低下と言っても実際どのくらい低下するのか?」でした。

よし、調べてみましょう。

調べてみた結果、、、

とある記事にはこんな記載が、、、

希釈する飲料が

・午後ティーストレート:21%低下

・ティーバッグ紅茶:55%低下

・ウーロン茶:23%低下

・おーいお茶:87%低下

なかなか下がりますねwww

他にもリスパダール内用液はジェネリックも出ていて、各ジェネリックメーカーが飲料で希釈した際の配合変化の試験結果を公表しています。

各種メーカーの配合変化試験結果一覧は下記のリンクからご参照ください。

メーカーによって含有量の低下の%には差があるように感じました。

兎にも角にも、茶葉抽出飲料とコーラには混ぜないのが無難なようですね。

他にも面白い記事が

上記の試験結果を探している間に見つけた面白い記事がありました。

リクナビ薬剤師の記事で

「リスペリドン内用液をお茶漬けに入れて服用していた」

という「ヒヤリ・ハット・ホット」の記事がありました。

https://rikunabi-yakuzaishi.jp/contents/hiyari/008/

気になる方は上のリンクから読んでみてください。

こういう記事を見ると、薬剤師の想像をはるかに超えたことを患者さんはやってくるなあとおもしろいですね。

服薬指導の際に

「お茶系やコーラに混ぜるのはお薬の効果が弱まってしまうので避けてくださいね」

と一言添えるのが大切だなと感じました。

まとめ

  • リスパダール(リスペリドン)内用液は茶葉抽出飲料(紅茶、烏龍茶、日本茶等)及びコーラに混ぜると含有量が低下するのでこれらで希釈するのは避ける
  • 各社によって低下割合は変わるが混ぜない方が無難
  • お茶漬けに混ぜる等、患者さんは薬剤師の想像を超えてくるw

ということが学べました。

ではでは今日はこの辺で❗️

最後まで読んで下さりありがとうございました😆

気に入ったらシェアしてね❣️

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT US

ちゃそ
ちゃそchaso
\私の勉強、誰かの学びに/|第105回薬剤師国家試験合格→東北の薬局薬剤師→フリーランス薬剤師|Twitter2100フォロワー・Instagram1600フォロワー突破|▶︎アロマテラピーアドバイザー|▶︎サプリメントアドバイザー|▶︎女性の健康アドバイザー|▶︎研修認定薬剤師|【好きな分野】予防医学&糖尿病&漢方薬・中医学→国際中医師の資格取得予定|薬局さんのHP運営・インスタ運営・書籍のコラム執筆等のお仕事もしています。詳しいプロフィールは地球儀マークを押してみてね↓