ちゃそが記事執筆しているまんまる薬局オウンドメディア【まんまるの輪】はこちらから

【実録】認知症サポーター養成講座を受けてみた話

○この記事は4分41秒で読めます

こんばんは、ちゃそ(@yakuchaso66)です。
今日は先日受けてきた
「認知症サポーター養成講座」
のまとめと感想について書いていきます。

✅この記事を読んで分かること
  • 認知症サポーターとは何か
  • オレンジリングとは何か
  • 研修で学んだことの一例

認知症サポーターとは?

認知症サポーターは認知症の方とその家族を地域で見守る応援者です。

認知症サポーター養成講座を受講して、認知症について正しい知識を習得した方なら誰でもなることができます。

認知症サポーターは全国で約1200万人います。(2020年12月現在)

認知症サポーターとは何か特別に活動しなければならないといったものではありません。

自分の職場やたまたま居合わせた交通機関、買い物先等で自分のできる手助けをしていくことが大切です。

認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人やその家族に対して温かい目で見守ることがスタートの役割と言われています。

認知症サポーターに期待されること

  • 1.認知症に対して正しく理解し、偏見をもたない。
  • 2.認知症の人や家族に対して温かい目で見守る。
  • 3.近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
  • 4.地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
  • 5.まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

これらは厚生労働省HPの認知症サポーターのページに載っていますので、気になる方はそちらも見てみて下さい。下リンクからも飛べます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000089508.html

オレンジリングとは?

オレンジリングとは認知症サポーター養成講座を受講した方に与えられるものです。

これが「私は認知症サポーターですよ」

という目印の役割になっています。

もっと一般の方々や認知症の方にこの目印の存在を知ってもらえると助け合いの輪が広がるのかなと感じました。

オレンジリングについては先日インスタでも投稿していますので良ければこちらもご覧ください👀

認知症サポーター養成講座で学んだこと(認知症対応の心得)

①認知症である本人も不安である

認知症の方は自分が認知症であるということを薄々気づいているそうです。

認知症である本人も「不安で仕方ない」「悔しい」「迷惑をかけて申し訳ない」「自分も誰かの役に立ちたい」とやりきれない感情でいっぱいなんだとか。

そして「自分は認知症なんかじゃない」と心では認知症かもしれないとわかっていても、どこか認めたくない・認められないといった葛藤があるのです。

認知症なんだから何もわからないでしょ」といった考えは大きな間違いであると言えるようです。

また、認知症の方は何かを失敗してしまった時、何を失敗したかは忘れてしまうが、誰かに怒られたり怒鳴られたりしたことは覚えているそうです。

その「怒られた」「怒鳴られた」「責められた」といったマイナスの感情は覚えているので、マイナスの感情が沸いた原因である相手には不信感を抱いてしまうのです。

「できないことを責めるよりできることを褒める」のが大切だと学びました。

対応の仕方 3つの「ない」

1)驚かせない

2)急がせない

3)自尊心を傷つけない

認知層の方と接するときの対応の仕方でこの3つを覚えておくことが大事だそうです。

1)驚かせない

・さりげなく見守る

・声をかけるときはなるべく一人で

・正面から話しかける

2)急がせない

・本人のペースに合わせてゆっくりと

・相手の目線に合わせて

・できるだけ優しい口調で話す

3)自尊心を傷つけない

・「人生の先輩」として尊敬の念を持って接する

・指示語(〇〇して、〇〇しなさい)や否定的な言葉(だめね、そうしてできないの等)は控える →子供のように扱うのはNG

他にも具体的な事例に対する対応方法なども学ぶことができました。

認知症の方やその家族と相談所を繋ぐ橋渡しの役割

いざ自分が認知症になった時、家族が認知症になった時、誰に相談すれば良いのか、どこに連絡したら良いのか意外とわからない方が多いのです。

そんな時に認知症サポーターが地区の保健福祉センター、地域包括支援センターというところがありますよ、介護保険制度というものが使えるかもしれません、と少しアドバイスしてあげられると良いのかなと感じました。

そうやって相談所との繋ぎ役をすることで少しでも認知症の方やそのご家族の助けになれるかもしれませんね。

気になった方は、、、

ここまで私が受けた研修で学んだことと、その後自分で調べたことも織り交ぜて書いてきました。

少しでも認知症サポーターに興味を持ってくれた方や気になってくれた方は、認知症サポーターキャラバンのサイトのリンクを貼っておくのでそちらも覗いてみて下さいね❣️

 http://www.caravanmate.com/

これからますます進む高齢化社会の中で、高齢者と若者たちが共存していくためにも私たちにできること。知っておくべきことは身に付けておきたいなと感じました。

そして今はどこか他人事に感じている方も、あなたの大事な家族が認知症になる可能性も大いにあるということを忘れないで下さいね。

そうなった時に慌てるのではなく、今から少しずつ、できることから学び、実践しておくのが大切ですよね。

ではでは、今日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました😆

気に入ったらシェアしてね❣️

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT US

ちゃそchaso
\私の勉強、誰かの学びに/|第105回薬剤師国家試験合格→東北の薬局薬剤師→フリーランス薬剤師|Twitter2600フォロワー・Instagram1800フォロワー突破|▶︎アロマテラピーアドバイザー|▶︎サプリメントアドバイザー|▶︎女性の健康アドバイザー|▶︎研修認定薬剤師|【好きな分野】予防医学&糖尿病&漢方薬・中医学→国際中医師の資格取得予定|薬局さんのHP運営・インスタ運営・書籍のコラム執筆等のお仕事もしています。詳しいプロフィールは地球儀マークを押してみてね↓