ちゃそが記事執筆しているまんまる薬局オウンドメディア【まんまるの輪】はこちらから

【実録】薬学部の6年間を振り返る‼︎

○この記事は6分59秒で読めます

こんばんは!ちゃそ(@yakuchaso66)です!

ここ数日、記事は何から書こうかな〜と考えておりました。(今の仕事のこと、薬のこと、学生時代のこと等)とりあえずはこれを書こう!と思ったものから書いていくことにします。

今日は大学時代を振り返り、薬学生の時の自分や私の通っていた大学のことをお話ししていければと思います。

これから薬学部に進学しようと思ってる人や在学中の人の参考になれば幸いです。

✅この記事を読むと分かること
  • ちゃそが通っていたのはどんな大学か
  • ちゃそがどんな大学6年間を過ごしていたか

どんな大学に通っていたか

woman in white long sleeve shirt sitting on green grass field
Photo by Keira Burton on Pexels.com

まず私の通っていた大学は入るのは簡単です(こんなこと言っていいのか)。

一般的に大学受験の時に参考にされる偏差値としてはとても低いです。(複数のサイトを見てみましたがなんと偏差値35らしい)下から数えた方が早いwww

参考までに国公立トップは京都大学で65、私立トップは慶應義塾大学で65-62.5となっています。

「 じゃあなぜそこに進学しようと思ったの?」って思いますよね。

理由は別になんてことなくて「地元に残ろうと思ったから」ただそれだけです。

正直言ってしまうと【薬剤師国家試験】 にさえ受かってしまえばどこの大学を出ていたって変わりやしません。薬剤師になれるかどうかは本人次第です。

あとは勘違いしないで欲しいのは、「 偏差値が高い=国試合格率が高い」ではないこと。実際私の通っていた大学も、偏差値の割に国試合格率はなかなかです。

どんな大学生活を送ったのか

brother and sister with books on their heads
Photo by olia danilevich on Pexels.com

私自身がどんな大学生活を送っていたのか。

ざっくり言えば「バイトをしていなかった時期はなかった」という所でしょうか。

薬学部に入る子って何かと育ちがいい子が多くて、バイトした事ないなんて子も多々いましたし、親御さんが勉強時間を確保させてあげたいという心遣いからそうさせてもらっていた子もいました。

社会経験にもなりますし、程よくバイトをするのはオススメですが、バイトに時間を費やしすぎて単位落とした子も留年した子も卒業試験落ちた子も見てきたので勉強時間は確保することを最優先にした方が無難です。

それでは学年ごとに見ていきましょう。

1年生

テストの前の日に詰め込んでテストに挑んでいました。高校までの知識である程度いけてしまったのが良くなかったと思ってます(汗)たくさん友達と遊んでたくさんバイトしてましたね、、、1年生から化学はコツコツと身につけておくことをオススメします😂

2年生

専門科目が多くなってきて、1年生までの一夜漬けでは歯が立たなくなってきていました。2年生の前期で再試オンパレードになり(5個くらいあった気がする)、さすがにこのままではまずいと思い、テスト2週間前から対策を始めるようになりました。

3年生

テスト前にまとめを自分で作ったり、問題プリントは3回はテストまでに解いたり、とにかく点数が取れるように自分なりの勉強法を確立し始めていました。再試を受けることもほとんどなくなっていました。

4年生

OSCEとCBTのある学年です。

OSCEに関しては実務の授業の時間があったのでその時に主義をまとめたり、忘れてはいけないところは紙に書き出したりしていました。

CBTは正直受かるだけなら一ヶ月前から取り掛かっても受かります。

ただ、実習前にしっかり基礎知識をつけておきたい、6年になって国試の勉強をスムーズに進めたい、という方は4年生になったらすぐやGW、遅くても夏休みにはCBT対策を始めた方がいいです。

同級生の友人達の中には薬ゼミやメディセレのCBT向け教材を使ってる子もいましたよ!

5年生

11週間ⅹ2の実務実習の学年です。

私は病院→薬局の順でした。(新カリキュラムからは薬局→病院の順と決まっている)

病院は盛りだくさんすぎて11週間じゃ足りなかったですね😇

院内の見学も沢山しましたし、病棟に配属されると患者さんの担当をまかせてもらえたりで充実していました。

病院薬剤師は薬のことはもちろん病態まできっちり理解していないといけないので、担当の患者さんの疾患の病態を沢山調べた記憶があります。

正直分からなくて調べたことだらけで、自分は5年間何を勉強してきたんだ、、、と悲しくなりました🙄

病院薬剤師は最初の3年間は寝れないよ

なんて冗談で先生は言ってるのかと思いましたが、リアルでそうだなと思いましたね、、、

特にわたしの実習先だった病院の薬剤師さん達は皆さんハイスペックだったので、ああなるまでには血のにじむような勉強量なんだろうなと思います。

薬局はやることが決まっているので病院ほどハードではありません。正直病院を経験した後なので楽でした🙄

薬局によりますが学校薬剤師をされてる先生や、施設の受け持ちをされてる薬局もありますので、それぞれの薬局の特性によって、学べる範囲は変わってきます。

ざっとこんな感じですが、わたしはこの実習を始めるまで、将来の勤務先を病院にするか、薬局にするか、はたまたドラッグストアにするか決めていませんでした。

正直言えば病院薬剤師になりたかったけど、奨学金の返済もあるしとお給料の面を考えて薬局かドラッグストアにしようと決めたのは、実習が終わって少し経ってからです。

低学年のうちから就職先を決めている人はもちろん凄いですが、私のように実習を終えてからちゃんと就職を考えても遅くはありませんよ〜🙆‍♀️

6年生

さぁやってきました最終学年。

ここに来て国試まであと1年もないこと、卒試のスタートまで半年もないことを再認識してここで少し焦りを感じたのは忘れません。

あれ、このままじゃ、卒試も国試も無理じゃね?

なんとしてでもストレートで終わりたい。そう思っていた私はとにかく卒業試験の一回目に間に合わせなくてはいけない。

ここから国試の1回目(9月下旬)までとにかく勉強しました。バイトも初めて日数を減らしました。(週6→週3、4)

具体的には青本全教科ふせんノートを作りながら1周。既出問題集を解く。卒業試験の過去問を解く。

模試も少しずつ点数が上がってたので、やった分は上がってる実感が自分でも感じとれたのがモチベーション維持できた理由ではないかなと思います。

そして迎える卒業試験の1回目。

とりあえずボーダーラインは余裕をもって越えれたので一安心。

しかしここで心の変化がやってくるんです。

バイトを減らして成績伸びるのも受かるのも当たり前。バイト続けてもできなきゃ面白くない。

ここからまたバイトの日数を元に戻すという行動に出ました。この時が10月。

そこから卒業試験の2回目(11月下旬)と3回目(12月中旬)まで青本の2周目と私の大学にも薬ゼミの講師陣が授業しに来てくれていたのでそこは集中して受けるというスタイルで過ごしました。あとは模試の過去問もやってました。国試の過去問もこの時点で必須は8年分くらいは解いてたと思います。

そして卒試も突破し、

1月2月と気が抜けつつも青本の3周目と国試の過去問を解き、国試に挑みました。(国試の詳細はまた別の記事で書きますね!)

まぁざっくりと私の6年間はこんな感じです🙄

ハードな6年間を過ごした自覚はありますが、去年の自分は自分でバイトして生計を立てながら勉強するのは今年で限界だと思っていましたので、ストレートで合格できなければ大学も辞めて薬剤師になることも諦めるつもりでいました。(今考えると合格できてよかったですほんとに🙃)

5、6年生の時の勉強法についてはこちらでも取り上げていますので合わせて読んでみて下さい👇

結局何が言いたいかというと

sea beach vacation people
Photo by RODNAE Productions on Pexels.com

薬学部に通っている方の中には親御さんが生活費や学費を出してくれてる方もいれば、私のように自分で奨学金を借りたりバイトをして生計を立てている方もいると思います。

前者の方は親御さんの助けを無駄にせず、感謝しながら大学生活を過ごしてほしいし、後者の方は諦めなければ道は開けるということを忘れないでいて欲しいです。

私が入学前に戻れるとしたら、絶対薬学部へは行きません。こんなに時間とお金と労力を費やさないと6年間が成り立たないなんて思っていなかったから。

そのくらい「薬剤師」になるのは大変です。

でもみんな平等にチャンスはあると思うので、自分を信じてあげてください!

長くなってしまいましたが、ここまで読んで下さりありがとうございます!1人でも多くの薬学生のみなさんが薬剤師になれることを心から応援しています🙌🥰

気に入ったらシェアしてね❣️

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUT US

ちゃそchaso
\私の勉強、誰かの学びに/|第105回薬剤師国家試験合格→東北の薬局薬剤師→フリーランス薬剤師|Twitter2600フォロワー・Instagram1800フォロワー突破|▶︎アロマテラピーアドバイザー|▶︎サプリメントアドバイザー|▶︎女性の健康アドバイザー|▶︎研修認定薬剤師|【好きな分野】予防医学&糖尿病&漢方薬・中医学→国際中医師の資格取得予定|薬局さんのHP運営・インスタ運営・書籍のコラム執筆等のお仕事もしています。詳しいプロフィールは地球儀マークを押してみてね↓